海鮮丼を食べる日帰り弾丸ツー…に行ってまいりました|ジョニーの部屋

海鮮丼を食べる日帰り弾丸ツー…に行ってまいりました

 2017-05-03
20170503-00.jpg

 GW後半初日、今日は上の子が部活のために家族でのイベントは特になし…ということで天気もよさそうだったため早起きして男鹿半島まで行ってみることにしました。
 男鹿半島は就職1年目のGWと32歳の夏頃にバイクで行ったことがあるのですが、その2回以外はクルマで行くこともなく、かなり久しぶりの訪問になります

20170503-01.jpg

 長距離の走行になりますので、いつものように暗いうちからの出発です。

 自宅を出て最初は高速を使わずに国道4号を北上しました。
 県境の温度計は「気温4度」と表示されていました。天気予報で「晴れ」ではあるものの、最低気温がかなり低いことはわかっていたので、冬用のジャケットを着て、中にはホッカイロを3枚貼って出発したのですが、それでも寒かったです・・・。

 白石ICから東北自動車道に入ったのですが、まだ暗いのにGW初日のせいか下り線が混雑しています。クルマが団子状態で時速90キロくらいで進んでいきます。
 菅生SAを過ぎたあたりから、ちょっとバラけ出しましたが、それでもゆっくりした流れで、泉の辺りからようやく平常のスピードでクルマもバイクも走れるようになりました。午前4時ごろから空は明るくなっていたのですが気温は上がらず3度前後の状態が続き、あまりの寒さに鶴巣PAに一時避難しました。

20170503-02.jpg

 鶴巣PAの自販機でホットスープを購入し、またトイレでホッカイロをさらに3枚貼り付けました(計6枚)。

 ちょっとだけ暖かくなりましたが、本線に戻り北上を再開するとやはりまた寒くなってきました。しかも、宮城県から岩手県に入る辺りではすごい霧(朝もや?)が発生したため、バイクもウェアも濡れてしまいました。

 寒さと闘いながら走ると同時に別の心配事も発生しました。長者ヶ原SAには寄らなかったので前沢SAでガソリンを入れようと思っていたのですが、前沢SAのスタンドが長蛇の列になっていたためスルー。秋田自動車道に入ってから何とかなるだろうと思い、走ったのですが燃料計のメモリが残り二つのところまで下がってしまいました。

 そんなところに錦秋湖SAの表示が現れたのでホッとしてSAにバイクを入れました。しかし・・・

20170503-03.jpg

 肝心のガソリンスタンドの営業時刻が午前8時からになっていて開いていませんでした。ここでスタンドが空くのを2時間も待つ気にはなれません。
 あきらめて本線に戻り、ガス欠になる前に大きめのICでいったん高速を下りることにしました。

20170503-04.jpg

 午前6時半ごろ横手ICで高速をおりると、ちょっと走ったところにエネオスのセルフスタンドがありました。でも営業時間が午前7時からになっています。
 しかし、クルマが普通に何台も給油しているようだったので入ってみると既にオープンしていたようで無事に給油することができました♪

20170503-05.jpg

 ナビでこれからの進路を検索すると、国道13号を秋田まで走ったのでは結構な時間のロスになることがわかりました。そのため、下りたばかりの横手ICにすぐ戻り秋田自動車道を再び北上することにしました。

 秋田自動車道を昭和男鹿半島ICまで走って高速をおり、下道(国道7号)を北上します。

20170503-06.jpg

 国道7号を北上し始めてすぐに「道の駅 しょうわ」の案内標識があったのでちょっと寄り道です。

20170503-07.jpg

 東北の道の駅のスタンプラリーブックを持ってきていたので、スタンプを押してすぐに出発です。

 国道7号から県道219号に入り八郎潟町役場の近くを抜けて県道298号を西へ向かいます。

20170503-08.jpg

 大きな橋を渡って八郎潟(大潟村?)に入りました。

20170503-09.jpg

 県道298号は「菜の花ロード」と言われる道で、道の両側に菜の花がたくさん植えられていました(画像に「菜の花ライン」と表記開されているのは間違いです)

20170503-10.jpg

 今日はほとんど散ってしまっていましたが、数日前までは桜もいっしょにキレイに咲いていたそうです。

 数キロ続く菜の花の道の途中に小さな山がありました。

20170503-11.jpg

 日本一小さい山「大潟富士」と書いてありました。大潟富士に上ると遠くにキレイな鳥海山を見ることができました。でも日本一小さい山として以前に仙台港付近の日和山に行ったことがありますが、どちらが本当に一番小さな山なんでしょうw

 実はこの場所には大潟富士よりも私が気になったものがありました。

20170503-12.jpg

 ババヘラアイスです。

 ご婦人がこてを器用に使ってピンクと黄色のアイスを花に仕上げてくださいました。

20170503-13.jpg

 私は今日ここで初めて見たこの場所でアイスを購入しましたが、この後あちらこちらに同様のパラソルが立っているのを見かけました。いろいろな場所でババヘラアイスを買うことができるようです。

 菜の花ロードを満喫した後は、寒風山に向かいます。

20170503-14.jpg

 県道42号~298号~54号と走り継ぎ、県道55号を登っていき寒風山駐車場に到着です。

20170503-15.jpg

 南の方角に雪で真っ白な鳥海山を見ることができました。

 駐車場から北の方角には回転する展望台に行くことができます。階段を上っていくと数分で着きました。展望室に入るには540円(だったかな?)でチケットを買わなければいけません。

20170503-16.jpg

 せっかく来たので展望室に行ってみましたが、座ったままで360度の景色を楽しめますのでよろしいのではないでしょうか。同じようなものが新潟市内のタワーにもあったような気がしますね。
 東には八郎潟、南は鳥海山、北は巨大プロペラ発電機や遠くの山々、西は海と山が見えました。

20170503-17.jpg

 展望室見学を終えて外に出ると、近くにいた子供がカワイイなまはげの写真を撮っていたので、私も自撮りでツーショット写真を撮っておきましたw

20170503-18.jpg

 寒風山の後は男鹿半島の端っこの入道崎まで行きます。県道55号を西の方向に10kmくらい走っていくと白と黒の灯台が見えてきて到着です。

20170503-19.jpg
20170503-20.jpg
20170503-21.jpg

 今回のブログのタイトルは「海鮮丼を食べる日帰り弾丸ツー」となっていますが、当初は海鮮丼はまったく目的ではありませんでした。どちらかというとこの後でてくる男鹿総合観光案内所の巨大なまはげが目当てでした。

20170503-22.jpg

 まだ朝ご飯を食べていないので何か食べようかな…と思っていたら、海鮮関係の丼物はどれもイイお値段ばかりで、せっかく高いお金を払うなら、ブログのタイトルもこっちにしようと思った次第です。

 お店に入り、注文をして待っている間に貼っていたホッカイロを全て剝がしておきました。だいぶ気温が上がってきたので、このままでは逆に暑(熱)くなってしまいます。

 ちなみに「海鮮丼」にはウニ・イクラ・エビ・イカなどが入っていたのですが、エビやイカは食べなくても良かったので、その分ウニやイクラの量が多い方がいいなぁと思い「うに・イクラ丼(二色丼)」をいただきました(2,160円)。

20170503-23.jpg

 感想はというと味は美味しかったのですがウニとイクラの載っている量が期待外れでした。ブログでアップした画像は量が多く見える角度で撮影していますw

20170503-24.jpg

 朝ご飯をいただいたお店の前のなまはげと記念撮影をしてから、次の予定地「ゴジラ岩」を見に行くために移動します。

20170503-25.jpg

 ナビの推奨ルートを無視して、景色のキレイそうな県道59号を走っていきます。

 海沿いのきつくないワインディングを青空の下、キレイな海を見ながらさっそうと走ることができます♪

20170503-26.jpg

 県道55号より59号の方が絶対おすすめですね♪

 県道59号をけっこう走って、ようやくゴジラ岩のある岩場に到着しました。

20170503-27.jpg

 下の方にクルマが沢山停まっていたので、バイクで下りてみましたが、オンロードバイクでも特に問題なく走って駐車することができました。

20170503-28.jpg

 バイクを停めてゴジラ岩の撮影スポットまで数十メートル歩いていきます。

20170503-29.jpg

 他の観光客の方がカメラを向けている右手の方を見てみると・・・

20170503-30.jpg

 ん~、ゴジラかどうかは別として怪獣が口を開いているようには見えました。ただ、ちょっと期待外れでしたねw

 最後に行くのは当初の一番の目的だった巨大なまはげのある観光案内所です。県道59号~国道101号を走っていくと右手に見えてきました。

20170503-31.jpg

 ああ~、確かにデカい。でもそれだけでした。寒風山や入道崎でけっこうな数のなまはげを見てきたので、大きさだけではインパクトが弱かったですね。期待しすぎちゃったのが良くなかったんだと思います。

 ただ、この観光案内所にはもう一つ目的がありました。それはおみやげを買いたかったということです。

 おみやげと言っても、私が欲しいのはコレ(↓)です。

20170503-32.jpg

 「秋田県産リンゴを、使ったパイ。」です。

 以前に会社で秋田出身の同僚からお土産でいただいて美味しかったので、今回ぜひ買って帰りたかったのです。

 しかし、男鹿総合観光案内所には売っていませんでした。

 帰りの高速に乗るまでに秋田市街のどこかで買えるだろうと思い、国道101号を秋田市方面に向かって出発しました。そして、走っていると途中で「道の駅 てんのう」の案内標識があったので、ナビの案内から外れて県道56号に進み「道の駅 てんのう」に入ってみました。

20170503-33.jpg

 しかし、ここにも売っていませんでした。

 そこで道の駅の施設の方にスマホのお菓子の画像を見ていただき、売っているお店が近くにないかお尋ねしたところ・・・・

 「そのスマホの商品説明にある製造会社のお店に直接行かれてみてはいかがでしょうか」

 でもこのお菓子は秋田県由利本荘市の人がお土産に買ってきてくれたお菓子だから、秋田市付近のお店ではないんじゃなのかなぁ…と思いスマホの説明を見てみると・・・

20170503-34.jpg

 秋田市川尻町…orz

 「この川尻町というのは近いんでしょうか?」と私。

 「ここから20分くらいですよ」と施設の方。

 …ということで製造しているお菓子屋さんへ直接行くことにしました。

 (ちなみにこの時間帯になると気温がだいぶ上がってきていて、着てきた冬用ジャケットでは暑すぎて辛くなってきました)

 スマホのナビにお菓子屋さんの住所を入れて走っていくと・・・

 突然、前方に巨大なキリンが現れました!!

20170503-35.jpg

 このキリンって、それこそバイク漫画の「キリン」に出てきたような…と思ってしまい、わざわざバイクをUターンしてパチリ!

 さらに次は別な道の駅「道の駅 あきた港」の案内標識が現れたため、寄り道してスタンプをペタリ。しかし、この道の駅にもお目当てのお菓子はおいていませんでした。

20170503-36.jpg

 余計な道草を食いながらようやくお菓子の製造元へ到着です。

20170503-37.jpg

 え?ここってお菓子屋さんっていうより、工場なんじゃないの??だとしたら、GWに人なんているわけが・・・

 …と思いながらも、ダメもとで近くまで行ってみると、事務室らしきところに人がいらっしゃいました。しかも、お菓子を普通に販売しているとのこと♪♪

20170503-38.jpg

 無事にお菓子を買うことができたのですが、今のバイクには積載スペースがないためツーリングネットも常備していません。そのためウエストバッグから折り畳みのナップサックを取り出し、買ったお菓子を全部入れて、ここからナップサックライダーとなりました。

 ナップサックを背負いながらバイクを走らせ、国道13号から秋田道に秋田南ICから入りました。そして来た時の逆ルートで帰ります。
 秋田道をだらだらと走っているうちに、寝不足と暑さでちょっと眠くなってきてしまいました(途中の気温計の温度は「26度」でした。朝、秋田道を走行中に「1度」というときがありましたので、気温差25度です!)。さらにずっと座っていてお尻も痛いというか疲れてきた感じです。

 そこで北上ジャンクションで東北道に入って最初のPAで休憩をすることにしました。

20170503-39.jpg

 北上金ヶ崎PAで冷たいお茶を飲んで、フクピカでヘルメットのシールドやバイクのフロント周りの清掃をして、ちょっとスッキリしたところで南下を再開です。

 秋田南ICに入る直前で給油しておいたのですが、念のため長者ヶ原SAでも給油をして南下を続けました。

 前のバイクではストレスだらけの全開走行を強いられる高速走行でしたが、今のバイクでは高速走行がつらくありません。楽しい気分で走りながら白石ICで高速を下りました。

20170503-40.jpg

 福島県に入るとガソリン代が高くなるので、白石市内でも最後の給油をしておきました。

 帰宅前に友達の家により、買ってきたお土産をひとつ置いてきて今日のツーリングは終了です。

20170503-41.jpg

 「日帰り弾丸ツー」と銘打ちながら走行距離は800km足らずです。看板に偽りありのブログとなりましたw

(おしまい)
スポンサーサイト
カテゴリ :バイク&クルマ トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
「800km足らず」うむ。これ読んでパッタリ倒れていました。笑。
自分はNinja号納車の5ヵ月後、2013年の9月に山形道から鳥海山経由、
由利本荘一泊で行きましたが、帰りの入道崎から福島までの400kmは
眠気と尻の痛みで大変な思いをしました。
でも、寒風山や入道崎からの眺めは素晴らしかったです。
東北一周を企てているんですが、自分の体力では6泊7日ぐらい必要・・・。
(1日走ったら翌日は休養のサイクル必須)
とにもかくにも感服いたしました。
【2017/05/04 15:24】 | pboysblue #- | [edit]
> 「800km足らず」うむ。これ読んでパッタリ倒れていました。笑。
> 自分はNinja号納車の5ヵ月後、2013年の9月に山形道から鳥海山経由、
> 由利本荘一泊で行きましたが、帰りの入道崎から福島までの400kmは
> 眠気と尻の痛みで大変な思いをしました。


pboysblueさん、こんにちは!
下の子が熱を出したため、今福島市内の小児科で2時間待ちですw
日帰りツーは宿泊費節のために、やむを得なくやっています♪今のバイクは前のバイクより、お尻が痛くなりやすいみたいです。クッションの大きさや厚みの影響が大きいんでしょうね~



> でも、寒風山や入道崎からの眺めは素晴らしかったです。
> 東北一周を企てているんですが、自分の体力では6泊7日ぐらい必要・・・。
> (1日走ったら翌日は休養のサイクル必須)
> とにもかくにも感服いたしました。

6泊7日なんて夢みたいですね~♪
私のようなカラスの行水みたいな観光じゃなくて、じっくり観光見学できそうですね♪
【2017/05/04 16:30】 | ジョニーな人(お~) #- | [edit]
800キロ近く走って、6時前に帰宅!
若いですね~。
私じゃあムリムリ。
【2017/05/05 23:21】 | キリン #sARJH.kY | [edit]
> 800キロ近く走って、6時前に帰宅!
> 若いですね~。
> 私じゃあムリムリ。

キリンさん、おはようございます!
いやぁ、もう若くないですよ~
日帰りの強行軍もバイクの性能が上がったおかげで
帳尻合わせできている感じです

四国から戻られたんですね!?
今から伺います♪
【2017/05/06 10:00】 | ジョニーな人(お~) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫