映画「ゴースト・イン・ザシェル」を観てまいりました…|ジョニーの部屋

映画「ゴースト・イン・ザシェル」を観てまいりました…

 2017-04-10
20170410-01.jpg

 月曜日は映画が1,100円で観られるので、仕事帰りにイオンシネマに寄ってきました。

20170410-02.jpg

 観てきた映画はスカーレットヨハンソン主演「ゴースト・イン・ザシェル」の吹替版です。

20170410-03.jpg

 ネット上では「肉襦袢」呼ばわりされている少佐の義体ですが、映像として見るとまあまあイイ感じだったと思います。

 おなじみの多脚戦車も出てきました。

20170410-04.jpg

 アニメ版では同じ公安の6課戦車として登場しましたが、今回の実写版では少佐の義体を作った軍事産業の戦車でした。

20170410-04-.jpg

 アニメでは圧倒的な強さの多脚戦車でしたが、実写版ではけっこうあっさりと少佐に制御不能にされてしまいましたw

 ライダーの視点で興味深かったのは少佐が運転していたバイクです

20170410-05.jpg

 ホンダ製のバイクで、フロントカウルは現行のNM-4風になっていて、ライポジはスポーツタイプというデザインでした。

 そして映画を観る前から気になっていたのがスカーレットヨハンソンの体形でして・・・

20170410-06.jpg

 予告などで使われた、ビルの上からダイブしての窓を破って突入るシーンでは、少佐のシルエットがとても寸胴な体形(↑)で残念な印象だったのですが、実際の映画の中では、光学迷彩を解きながら窓ガラスを突き破ってくる(↓)ので体形がそんなに気にならなかったですねw

20170410-07.jpg

 お話はオリジナルの攻殻機動隊とアニメ版のゴーストインザシェルをミックスして、さらにオリジナルの展開(設定)にしたという感じでネットで叩かれているほどひどい作品ではなく、そこそこに楽しめました♪ただ、ビートたけしの荒巻は悪くはなかったと思うのですが、あまりにも活舌が悪くて何を言っているのかセリフが良くわからなかったところが残念でした。「MOZU」の映画版でも活舌が良くなかったので俳優は向いていないんじゃないのかなぁ~と思いましたw




★★★ 追 記 ★★★

4月15日(土)
 実は10日に映画を観た時にはパンフレットが売り切れだったため、子供の塾の送り迎えの際に空き時間を使ってイオンシネマへ行き、パンフレットを買ってきました。

20170410-14.jpg

 1冊720円でした。

 スカーレットヨハンソン、ビートたけし、桃井かおり以外は知らない役者さんばかりでしたが、パンフレットには桃井かおりの画像が1枚も掲載されていませんでした。

20170410-12.jpg

 終わりのページのクレジット部分にも桃井かおりの名前は無し。

20170410-13.jpg

 単なる名前の載せ漏れなのか、他に何か理由があるのでしょうか?スターウォーズEP1のパンフレットにもダースモールを演じたレイパークの名前が載っていなくて「何でかな~?」と思ったのですが、今回も「何でかな~?」と思ってしまいましたw

20170410-11.jpg



スポンサーサイト
カテゴリ :映画・テレビ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫