デイトナ アルミナンバープレートホルダー(Lサイズ)|ジョニーの部屋

デイトナ アルミナンバープレートホルダー(Lサイズ)

 2016-04-02
20160402-21.jpg

 下の子と「お花見ツー」に行った後、ガソリンを入れにわざわざ隣町のセルフスタンドまで行ってきましたw

 その際にガソリンをタンクにこぼしてしまったため、帰宅後、フクピカウェットでバイク磨きをしていたのですが、リア周りをふきふきしていた時に、ナンバープレートの曲がりが気になってしまいました。

 数か月前に、自宅の駐車場で多分上の子がバッグか何かをひっかけてしまったために曲がってしまったと思われます。一応、戻しはしましたが、いったん曲がってしまったナンバープレートは微妙に歪んでいます。
 また同じように曲がらないようにと思って、以前デイトナ製のナンバープレートホルダーを買っておいたので、付けてみることにしました。

20160402-22.jpg

 いきなり装着後の画像です。

 まだリアフェンダーが純正のままだったときは南海部品製のアルミ製ナンバープレートホルダーを使用していました。南海部品製も安くてなかなか良い商品なのですが、ナンバープレートの下の方を二つの爪で固定するタイプのため、ナンバーに傷がついてしまいます。
 そこで今回は爪が無いタイプのデイトナ製にしてみました。

 六角レンチで回すタイプのボルトとボルトの頭の周りに装飾する部品も付いていました。


20160402-23.jpg

 我が家のバイクは純正のリアフェンダーを切ってショートフェンダーにして、さらに汎用品のテールランプやリフレクターを現物合わせで装着していたため、付属のボルトではフェンダーとのクリアランスがギリギリになってしまいました。

 そして、さらに気になったのが・・・

20160402-24-.jpg

 ナンバープレートというか、その基になっているテールランプ部分から若干右下がり(左上がり)に曲がってパーツが付いている点です。
 前から、なんとなく曲がっているな~とは思っていたのですが・・・w

 気になりますが、直すためにはテールランプを固定しているフェンダーの穴を修正しなければなりません。しかも、そのためにはせっかく貼ったカーボン柄のカッティングシートも剥がす必要があります。

 ・・・ということで、このまま我慢することにしましたw

20160402-25.jpg

 ナンバープレートホルダーがしっかりしているので、これで大きなバッグなどが引っかかってもナンバーは曲がらなくなったと思います。大きな衝撃が加わったら、ナンバーが曲がるよりもフェンダー部分が割れてしまいそうですけど・・・♪
スポンサーサイト
カテゴリ :バイク&クルマ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫