震災後、初めて小坂峠へ行ってみました|ジョニーの部屋

震災後、初めて小坂峠へ行ってみました

 2011-05-14
20110514-01.jpg

 震災で路肩が崩れてしまい通行止めになっていた小坂峠(県道46号)に走りに行ってみることにしました。

 小坂の街中を抜けた先のところには片側通行の看板が立っていて、そのちょっと先の道路わきには土嚢が積まれていました。

20110514-02.jpg

 赤鳥居の前後は特に問題ありませんでしたが・・・

20110514-03.jpg

 その先の水車小屋の左カーブを抜けた先に最初の路肩が落ちた場所がありました。

20110514-05.jpg

 そしてその先々にも路肩が崩れてしまったところが何か所かあり・・・

20110514-06.jpg

 その都度、片側交互通行の信号機が設置されていました。

20110514-07.jpg

 なんとも自身の力はすごいものですね。

20110514-08.jpg

 学生時代に地学の夏休みの宿題で、1978年の宮城県沖地震の際の町内の地域ごとの被害状況を調べたことがありましたが、その時の聞き取り調査では、阿武隈川に近い標高の低い地区の被害が大きく、標高の高い小坂地区はあまり被害が大きくなかったという結果が出ました。
 しかし、今回の地震では小坂地区もそれなりに被害が大きかったようです。

20110514-09.jpg

 それでも上の方まで来ると眼下に広がる景色はいつもの景色のままです。

20110514-10.jpg
20110514-11.jpg

 天気も良く青空が広がっていると、震災の時の怖さなど、だいぶ前のことのように思えてしまいました。

20110514-12.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ :バイク&クルマ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫