洗車とサイドカバー破損&補修|ジョニーの部屋

洗車とサイドカバー破損&補修

 2011-02-05
20110106-21.jpg

 先週の日和山ツーの帰りの高速でバイクが汚れてしまったので、今日はフクピカではなく本格的な洗車をしました。

20110106-22.jpg

 エンジン用のフォームクリーナーででエンジン周りの汚れを浮かせてから・・・

20110106-23.jpg

 バイク全体にシャワーをかけて、埃や汚れを浮かせます。

20110106-24.jpg

 そして上の方から順に台所用洗剤を泡立てた洗剤液でブラシ掃除です。

20110106-25.jpg

 全体をまんべんなく洗剤液でキレイにしたら、シャワーで流します。

20110106-26.jpg

 濡れたボディを噴き上げて終了ですが、手の入らない場所などに水分が残っていますので、近所を一周して水気を飛ばしてきました。

20110106-27.jpg

 そして、バイクにフクピカでワックスかけをしていたら・・・

20110106-31.jpg

 あれれ!サイドカバーが無い!?

 慌てて、走ってきた場所をもう一度走ってみると・・・

20110106-32.jpg

 国道沿いにサイドカバーが落ちていました!

 しかしクルマに踏みつぶされた後だったらしく・・・

20110106-33.jpg

 割れてしまっています・・・orz

 前の方にはスリキズ・・・

20110205-32.jpg

 後ろの方は上に向かって割れて亀裂が入っていました。

20110205-33.jpg

 部品の欠けは無いようなので、前の方のスリキズは「花咲かGワックス」で磨いて傷を目立たなくしました。

 そして後ろの割れている部分は、プラリペアでこれ以上割れないようにくっ付けてしまいます。

 まずは表側をセロハンテープで目張りして・・・

20110205-34.jpg

 割れている部分の裏側を熱したはんだごてで溶かして溶着することにしました。

20110205-35.jpg

 亀裂部分にまたがるようにはんだごてを当てていきます。

20110205-36.jpg

 さらに交差するようにはんだごてをあてます。

20110205-37.jpg

 これだけだとちょっとしたことで溶着部分が離れてしまうので、プラリペアで裏打ちします。

20110205-38.jpg

 はんだごてで溶着した部分がギザギザになっていますので、その部分にパウダーをいきわたらせます。

20110205-39.jpg

 スポイトでパウダーをまんべんなくまぶして・・・

20110205-40.jpg

 リキッドを垂らします。

20110205-41.jpg

 リキッドとパウダーが混ざるとがっちり固まります。

20110205-42.jpg

 これで割れた部分はしっかりとくっつきました。

20110205-44.jpg

 補修したサイドカバーを装着してみます。

20110205-45.jpg

 後ろの割れている部分は表から見ると割れたままなので、見栄えは良くないですが、新品は高いのでこれで良しとします。

 あとは実走に耐えうるか近所を走ってきてみました。

20110205-52.jpg
20110205-53.jpg
20110205-54.jpg
20110205-55.jpg
20110205-56.jpg

 サイドカバーはバイクの実際の走行の振動でも割れたりせず問題ありませんでした。

 それにしてもピカピカにするはずが、サイドカバーにヒビが入るという残念な洗車ととなってしまいました。

(おしまい)
スポンサーサイト
カテゴリ :バイク&クルマ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫