メーターバイザーの塗装|ジョニーの部屋

メーターバイザーの塗装

 2010-07-24
mater-0724-01.jpg

 先日吹き付けたホワイトサーフェイサーが乾いたので、表面をペーパーで慣らしてから、デイトナMCペインターの缶スプレーでクラシカルホワイトを吹きました。

mater-0724-02.jpg

 何回かに分けて塗装しましたが、下手くそなので結構表面が荒れてしまいました。

mater-0724-06.jpg

 下地が悪かったのか、「す」が入った部分もありました。

mater-0724-07.jpg

 「す」が入った部分は乾燥後にさらにクラシカルホワイトを吹き付け適当に仕上げておきましたw

 最後にウレタンクリアを吹くのであまり気にしないことにします。

 次に黒いストライプを塗装するために、タンクのストライプの幅を計測します。

mater-0724-03.jpg
mater-0724-04.jpg

 太い部分が80mm、細い部分が5mm、間の部分も5mmでした。

 黒い画用紙を80mmに切り出し、イメージを掴みます。

mater-0724-08.jpg

 タンクと同じ幅でストライプを塗装すると、若干バランスが悪いかな・・・とも思いましたが、このままいきます。

mater-0724-10.jpg

 定規と鉛筆2本で80mmの幅をひける道具を作りました。

mater-0724-11.jpg

 80mmに切り出した画用紙をガイドにしながら、薄く鉛筆で80mmの幅のラインをひきました、

mater-0724-12.jpg

 5mmのマスキングテープで白く残す部分を決めて、さらにその5mm外側をマスキングテープでマスクしました。

 そしてメタリックブラックの缶スプレーでストライプ部分を塗装します。

mater-0724-13.jpg

 このバイクのストライプ部分はソリッドカラーの黒ではなく、若干キラキラした黒が使用されていたので、メタリックブラックを使ってみましたが正解でした。

 メタリックブラックが完全に乾燥する前にマスキングを剥がしました。

mater-0724-14.jpg

 まあまあイイ感じですね♪

 できれば今日中にクリア塗装まで仕上げたいので、強制乾燥ブースを自作します。

mater-0724-23.jpg

 段ボール箱にメーターバイザーを入れて、ふたをして隙間からドライヤーの熱風を入れました。

mater-0724-24.jpg

 ここで大失敗です。

 乾燥を急いだあまりに、熱を加えすぎてメーターバイザーが歪んでしまいました・・・orz

mater-0724-21.jpg

 ショックです!

 でも、このままやってしまえ!・・・ということで作業継続です。

 2液式のウレタンクリアを吹き付けます。

mater-0724-25.jpg

 2液を混ぜた後はどんどん硬化が進むらしいので、急いでクリアを上塗りします。

mater-0724-26.jpg

 テロッテロに艶が出ました♪

mater-0724-27.jpg

 形が若干歪んでしまいましたが、まあこれで良しとしましょう。

(つづく)
スポンサーサイト
カテゴリ :バイク&クルマ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫