シンプソン風ヘルメットにスピーカーとブルートゥースを仕込んでみた・・・|ジョニーの部屋

シンプソン風ヘルメットにスピーカーとブルートゥースを仕込んでみた・・・

 2015-12-17
20151217-01.jpg

 先日購入したシンプソン風ヘルメットで音楽やナビ音声を聴けるようにするため、ブルートゥースとスピーカーを仕込んでみました。

 準備したのは前回と同じで、ブルートゥースレシーバーはグリーンハウスのBluetoothオーディオレシーバーGH-BHARCPです。色は白よりも黒の方が安かったので黒にしました。
 このレシーバーは充電しながらの使用はできませんが約5時間の連続使用ができて、しかも走行中にグローブをしたままでも操作がしやすいので超オススメです!

 ヘルメット埋め込み用のスピーカーは定番のオーディオテクニカではなく、今回もパナソニック クリップヘッドフォンRP-HZ47です。こちらも安くてヘルメットにぴったり装着できるのでオススメです。

20151217-02.jpg

 ヘッドフォンの耳かけ部分は上に強く引っ張ると取り外せますので、スピーカー部分だけにします。、

 次にシンプソン風ヘルメットの着脱式内装を外してみました。一応、浅いですがエアベント用の溝がありました。

20151217-03.jpg

 この溝と脱着式内装で空気の流れを作るようですが、後頭部にエアアウトレット用の穴が開いていないので、効果は「?」というところでしょうねw

 脱着式内装の頬パッドにはスピーカを仕込めるちょうどいい空間があり、両面テープを使わずともすっぽりとスピーカーをはめることができました!
 スピーカーのコードは内装の裏側に適当に突っ込んで終了です。

20151217-04.jpg

 ブルートゥースレシーバーの方は左手で操作しやすいように、左側に厚めの両面テープで貼り付けただけです。

20151217-05.jpg

 レシーバーに充電し、スマホとのペアリングも完了。

 実際にヘルメットを被って音楽を聴いてみましたが、良い感じで音が聴こえます。やっぱりグリーンハウスのBluetoothオーディオレシーバーGH-BHARCPとパナソニック クリップヘッドフォンRP-HZ47の組み合わせは最高ですね♪

20151217-06-.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ :バイク&クルマ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫