シンプソン スーパーバンディット風ヘルメット|ジョニーの部屋

シンプソン スーパーバンディット風ヘルメット

 2015-12-12
20151212-28.jpg

 実は、安物の中華ヘルメット「CGR ATV-1 StarWars フルフェイス」なるものをポチっていました。

 12月2日(水)にポチっとしたのですが、発送連絡がなかなか来ず、「おいおい!本当に送ってくれるのかな・・・」と思っていたら今週の月曜日にようやく「発送しました」とのメールが届き、しかも国際郵便で中国から直送という流れでした。

 その後の品物の輸送の流れが次のとおりです。

20151212-02.jpg

 7日の深夜(8日の0時30分)に中国を出発して、今日のお昼前にやっと品物が届きました。

20151212-03.jpg

 ビニールでパッキングされたダンボール箱を開けると、特に緩衝材などは入っておらず、ヘルメットバッグ(収納袋)に入ったヘルメットがそのまま入っていました。

20151212-04.jpg

 ここのところ安物を買って失敗というパターンが続いたので、不安と期待が入り混じった状態で中身を取り出してみました。

20151212-05.jpg
20151212-06.jpg

 ご覧のとおりシンプソンのスーパーバンディットのコピー商品です。ただし、本物のシンプソンのヘルメットとのシールドの互換性が無いようなので、デザインを似せて作ったヘルメットというところでしょうか。

 塗装の状態も良く、特に部品が壊れたり、はがれたりという部分はありませんでした。

20151212-07.jpg

 DOT規格なる安全基準を通しているようですが、この企画では日本の公道での使用はNGらしいです。

 細部を見ていくと・・・

20151212-08.jpg

 シンプソンのヘルメットの特徴的な口元のデザインがかっこよくコピーされています。しかし、サイドのスリット内のメッシュがアルミのような銀色で本物の黒とは異なっています。

20151212-09.jpg

 額や頭頂部のスリットのメッシュも銀色で、特に額部分にはホンモノにはあるはずのベンチレーションの開閉機能がありません。

20151212-10.jpg

 シールドの開閉にはクリックが一応付いていますが、あまり節度感がなく、ガバッと開けて、パタンと閉じるような感じのシールドです。

20151212-11.jpg

 シールドは最初からカラーを選べるところでポチッとしたので、スモークにしました。特に傷もなくキレイな状態のシールドです。使い方の良くわからないボルトの頭みたいなパーツもしっかりと付属しています。
 シールドストッパーとシールドの穴もぴったりと位置が合っていました。

20151212-12.jpg



 内装はダークカラーの脱着式内装で、顎紐のベルトはDリング式で最後にパチンととめるスナップボタンも付いていました。

 マウスガード内側は薄い緩衝材にフェルト系の布が貼ってあるため、呼気・唾液・鼻水などで汚さないように注意したほうが良さそうです。この部分は合皮系の仕上げになっていたほうが良かったと思います。

20151212-13.jpg

 さて、もう何年もDリング式のベルトは使っていないので、ここはワンタッチバックルに加工してしまいます。

 前もってamazonでダムトラックス製のワンタッチバックルを買っておきました。

20151209-01--.jpg

 もっと安い汎用品もあったのですが、リリースボタンが赤くてカッコよかったのでダムトラックス製にしてみました。

 ワンタッチバックルの金具にベルトを通すのに、スナップボタンが邪魔でしたので、買ったばかりのヘルメットのベルトをいきなり切断ですw

20151212-14.jpg

 ベルトの切断部分をはんだごてで溶かして、ほつれないようにしておきます。

20151212-15.jpg

 後はワンタッチバックルをちょちょいと付けるだけです。

20151212-16.jpg

 簡単ですね。

 ちなみに私の頭はM~Lサイズなのですが、今回はLサイズを買ってみました。海外の欧米向けヘルメットは欧米人の頭の形にあわせて前後に細長いそうですが、この中華ヘルメットはアジア市場向けなのか、特に前後に細長いという感じはせず、全体でギュッとホールドするような感じでした。
 ワンタッチバックルも使い勝手が良く、屋内で被ってみた分にはイイ印象です。

 次はステッカーの準備です。

 これまた事前にamazonにて本家シンプソンのステッカーのMサイズとSサイズを買っておきました。

20151209-01.jpg

ただ、M(額用)とS(シールド用)で色合いが違っていたので、ステッカーをスキャナで読み込み、同じあずき色系の色に自作しました。

20151209-01-.jpg

 ついでにネットで適当な画像を拾って、ヘルメットの後部に貼るステッカーも自作です。そもそもネットに落ちている「SIMPSON」の文字画像を加工すればステッカーを買わなくても自作できたのですが・・・。

 自作ステッカーをヘルメットの貼り付けていきます。

20151212-19.jpg

 額に貼っている時に気が付いたのですが、シールドを閉じた状態でもシールドとゴムパッキン部分がピタッと密着していません。この辺りが中華レベルの限界なのでしょうか。これでは雨が降った時にシールドの内側に雨水が垂れてきてしまいます。ただ、そもそもベンチレーションを閉じることができないので、このヘルメットは雨の日の使用には向いていないようです。

 さて自作ステッカーを貼り終えて全体を見てみます。

20151212-18.jpg

 おお~!これは遠目に見ればシンプソンのスーパーバンディットに見えますね。ベンチレーションのメッシュ部分を艶消し黒で塗ってしまった方が良いかもしれませんw

20151212-01.jpg
20151212-17.jpg

 憧れの「シンプソン」・・・本物は高くて買えませんが、私にはこの「シンプソン風ヘルメット」で十分ですね。私はシールドの色を選べるネットショップで買ったためポイントを使って1万円ちょっとでした(ステッカーやワンタッチバックルは別途購入)。ヤフオクやamazonでならこのヘルメットはさらに安く購入できるので、カッコイイヘルメットをお部屋に飾っておきたい方にはオススメです♪




★★★ 追  記 ★★★

 値段の割にけっこう満足のいくヘルメットでしたので、ネットショップにレビューを入れようと思って、購入サイトを見に行ったら・・・

20151212-29.jpg

 なんかお店やってないんですけど~!!
スポンサーサイト
カテゴリ :バイク&クルマ トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/08/08 15:45】 | # | [edit]
> はじめまして!こちらと同じヘルメットを購入した者ですが、シンプソンのシールの寸法を教えて頂けないでしょうか?

コメントありがとうございました。そしてお返事が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

シンプソンのヘルメット用のステッカーですが、本物は額用が73mm×22mm、シールド用が48mm×14mmです。
私がヘルメットに貼り付けた自作ステッカーは70×21、35×11にそれぞれ変更して印刷しました。ご参考まで。
【2017/08/13 14:11】 | ジョニーな人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫