SEIKO スピードマスター(ジウジアーロ)の補修と電池交換|ジョニーの部屋

SEIKO スピードマスター(ジウジアーロ)の補修と電池交換

 2015-11-20
20151119-21.jpg

 ひとつ前の記事でベルトの交換をしたセイコーの古い腕時計(セイコー スピードマスター ジウジアーロ)ですが、電池が切れており、一番使用頻度の高い右側のボタンが無くなっていました。

20151119-22.jpg

 まさかボタンだけ売ってはいないと思いますので、プラリペアで他のボタンから複製を作ることにします。

20151119-23.jpg

 型取り君を熱湯に入れて、柔らかくします。

20151119-24.jpg

 柔らかくなった型取り君に左側のボタン部分を押しつけて型を取ります。

20151119-25.jpg

 プラリペア(黒)のパウダーを型に入れて、リキッドを垂らします。

20151119-26.jpg

 パウダーが硬化したら、型から抜いて、デザインナイフで適当に整形します。

20151119-27.jpg

 左側のボタンを型取り君に押し付けた際にボタンが押されてしまったようで、ボタンの型が浅くしかできず、複製したボタンも薄くなってしまいました。

20151119-28.jpg

 でも、ボタンとして機能すればよいので、ピンバイスで裏側に穴をあけ、取り付けます。

20151119-29.jpg

 とりあえず「ボタンらしく」なったので、表面に瞬間接着剤をちょっと盛ってコーティングした感じで終了です。

20151119-30.jpg

 以上の作業を昨晩やっておいたので、今日は時計屋さんに行って電池交換をしてきました。交換作業代込みで1,620円でしたが、30年以上前の腕時計がまた使えるようになりました♪

20151119-32.jpg

 SEIKOスピードマスター(ジウジアーロ)・・・うん、カッコイイです♪♪♪

20151119-31.jpg


スポンサーサイト
カテゴリ :日記 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫