海洋堂 Figure Complex STAR WARS REVO 「X-Wing」|ジョニーの部屋

海洋堂 Figure Complex STAR WARS REVO 「X-Wing」

 2015-08-26
20150823-rivo-22.jpg


 海洋堂 Figure Complex STAR WARS REVO 「X-Wing」(リボルテック X-ウイングファイター)です。amazonで予約購入したので4,499円もしたのですが、その出来は・・・!?

 夏休み旅行から帰って来た8月23日(日)に届きました。旅行中にamazonのレビューを見て「あまり出来はよくなそう・・・」と思っていたのですが・・・・。

20150823-rivo-14.jpg

 パッケージは海洋堂のリボルテックシリーズらしい、きちっとしたパッケージです。透明な部分から中身が見える構成です。裏面にはさまざま角度から撮影したX-Wingファイターの写真が掲載されています。

 さて、実際に中身はというと・・・・

20150823-rivo-15.jpg

 X-ウイングファイター本体は明るめの白に近いグレーの成形色に赤や黄色のラインが印刷され、それらの上に全体的に煤っぽい汚し塗装が入れられ、艶消しで仕上げたという感じです。発売前に出ていた商品見本のような全塗装的な重圧感がありません。

 付属品はスタンドおよびリボ球(1個)と着座姿勢のパイロット、R2-D2、ランディングギア(差し替え式)だけです。コクピットのハッチ(キャノピー)部分は取り外し式で映画のようにヒンジ式では開閉できません。
 コクピット後ろのR2-D2を乗せる部分はなぜか機関部全体がヒンジ式で開閉して、開けた状態でR2ユニットを装着して、機関部をパタンとしめて固定する方法になっています。

 X翼部分についてはamazonのレビューで緩くてグラグラというものが多く見受けられたのですが、我が家に届いた個体はそこまで緩くはありませんでした。スタンドを使って固定しておく分には自重でX翼が閉じてしまうということはありません(そのまま床に置くと自重で閉じてしまいますが、X翼を開いたままランディングギアを出して着陸するというのはあり得ないので問題ないと思います)。

20150823-rivo-16.jpg

 amazonのレビューでかなり叩かれていたレーザー砲の曲りですが、我が家に届いた個体も思いっきり曲っていました。しかも、しっかり接着されていたためドライヤーで温めて、外してから再接着という方法がとれませんでした。やむえず温めた状態で指で押し曲げてなんとか上下のレーザー砲を平行にしました。

 総合的に見て4,499円もする品物とは思えない雑な作りの製品でした・・・・orz。X-ウイングファイターの完成品で値段も手ごろ、しかも海洋堂製ということで、かなり期待して発売を待っていたのですが、思いっきり悪い方に裏切られました。2,000円くらいが妥当な品物だと思いました。

 以下、そんながっかりX-ウイングファイターを私なりにカッコよく撮影したつもりです。

20150823-rivo-20.jpg

20150823-rivo-19.jpg

20150823-rivo-18.jpg

20150823-rivo-21.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ :おもちゃ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫