「映画・テレビ」カテゴリ一覧|ジョニーの部屋

DVD「ブレードランナー クロニクル」を購入

 2017-11-10
20171110-01.jpg

 先日、映画「ブレードランナー2049」を観に行くにあたり、1作目の「ブレードランナー」をさらっと観ておいたのですが、自宅にあるDVDはNHKのBSで最近放送されたものを録画したものなので「ファイナルカット版」という最新のヴァージョンになっていました。

 しかし、20年以上前に友達から借りたビデオで初めて観た「ブレードランナー」はエンディングで雄大な景色の中をデッカードとレイチェルが逃避行していくシーンで終わっていたのに対して、「ファイナルカット版」にはそれがありません。

 そんなわけでamazonで「ブレードランナー クロニクル」なるDVDを買ってみました。このDVDには映画公開当時の「オリジナル版」、残酷シーンの描写がある「インターナショナル版」、そして最近のエンディングなっている「ディレクターズカット版」が入っています(BSでやっていた「ファイナルカット版」は「ディレクターズカット版」のブラッシュアップ版です)。

 「オリジナル版」と「インターナショナル版」では、最後の逃避行シーンが描かれ、しかもレイチェルは他のレプリカントとは違って長生きできる設定になっているので、ある意味ハッピーエンド的な終わり方です。

20171110-03.jpg

 そして「インターナショナル版」ではタイレル博士が殺害されるシーンで目をつぶされ血が出る描写があるなど残酷なシーンが含まれています。

20171110-04.jpg

 そしてデッカードとレイチェルのハッピーエンド的な逃避行シーンがカットされている「ディレクターズカット版」では、途中にデッカードがユニコーンの夢を見るシーンが追加されていて、観る者にデッカード自身もレプリカントではないのかと思わせる造りになっています。

20171110-05.jpg

 最新作「ブレードランナー2049」ではデッカードが放射線が強い地域で長い間一人暮らしている設定になっているので、やはりデッカードも人間ではなかったのか…とすれば、「2049」は「ディレクターズカット(ファイナルカット)版」からの続きなんだな~と思わされます。

 ただ、単品で観て心地よい終わり方なのは、暗い近未来都市の中ですすんだストーリーが最後にガラッと変わって明るく雄大な景色の中でエンディングを迎える「オリジナル・インターナショナル版」かな~と感じるのですが、どうなんでしょうね~w

20171110-02.jpg

 (ちなみに1枚目の画像に写っている「ブレードランナー究極読本」は11/7に本屋さんで見かけて、つい買ってしまった本ですが、けっこう濃い内容でなかなか面白かったです♪)

 
スポンサーサイト
カテゴリ :映画・テレビ トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

映画「ブレードランナー2049」を観てまいりました♪

 2017-11-04
20171104-22.jpg

 「アトミックブロンド」を観終えてすぐに、同じ映画館で「ブレードランナー2049」を観てまいりました。

20171104-21.jpg

 映画のはしごなんて30年以上ぶりです。大昔に「グレムリン」と「ゴーストバスターズ」を連続して観て以来ですね。

 ブレードランナーは事前準備としてファイナルカット版をさらっと観て、次にネット上のショートストーリーを観ておきました。

20171104-23.jpg

 予習していたおかげで話は理解しやすかったですね。終盤では「ブレードランナー」でルトガーハウアー演じるレプリカントが死ぬシーンで流れていた音楽が使用されていました。

 でも、ブレードランナーといえば私的にはこっちの曲(↓)の方が印象に残っています。



 今回の「2049」もエンディングはこの曲でやってくれればよかったのに…。
カテゴリ :映画・テレビ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

映画「アトミックブロンド」を観てまいりました♪

 2017-11-04
20171104-20.jpg

 今日は午後からフォーラム福島へ行って映画を観てまいりました・

 観てきた映画はシャーリーズ・セロン主演の「アトミックブロンド」です。

20171104-24.jpg

 ベルリンの壁崩壊当時の東西のスパイの話でした。

 セロンのアクションがすごい映画でしたが、最初のうちは人物関係が理解できず困ってしまいましたw

20171104-26.jpg

 吹替版があればそちらを観てみたい映画でしたね。でも、「バリーシール」よりは面白かったです♪
カテゴリ :映画・テレビ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

映画「バリー・シール アメリカをはめた男」

 2017-11-02
20171102-01.jpg

 福島フォーラムは木曜日は二人連れの客の場合、一人1,100円になるので、妻と二人で仕事帰りに映画を観てきました。

 観てきた映画は「バリー・シール アメリカをはめた男」です。

 まあまあ面白かったのですが、別にアメリカをはめたという感じではなく、CIAや麻薬カルテルにうまく使われた人の映画でした。主演がトム・クルーズだから観られた映画ですね。本物のバリー・シールの写真をネット検索で見てみましたがトム・クルーズとは似ていませんでしたw
カテゴリ :映画・テレビ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

映画「斉木楠雄のψ難」を観てまいりました…

 2017-10-29
20171029-01.jpg

 今日は下の子にせがまれイオンシネマへ映画を観に行ってまいりました。観てきた映画は「斉木楠雄のψ難」という作品です。下の子が学校で友達から面白かったと聞いて観たくなったそうなのですが、私としては「アトミックブロンド」「ブレードランナー」「バリーシール」あたりが観たかったところです…orz

20171029-02.jpg

 映画の内容はというと、全く予備知識なしで観たのですが、一言でいうと「おバカ映画」でしたw

 単純に笑える部分も多く、賀来賢人の顔芸がすごかったり、橋本環奈の顔が可愛かったり…とまあまあ見どころはありました。でも、ストーリーを知らなったので、とりあえず最後まで見ることができたのかなというところもありましたかね~

20171029-03.jpg

 頭を空っぽにして観るのが一番いい作品だと思います。出演者にお気に入りの俳優さんがいればですが…w

 それから、観ている間、ずーっと気になったのはヒロインを演じた女優さんのスタイルです。顔のアップは可愛いのですが、体全体が映ると背が低く、胴回りも太そうで、足もムチムチ…なんだか、ネットで奇跡の写真とか言われた初期の見た目(↓)とだいぶ違う気がしたのですが…

20171029-04.jpg

 そもそも、この写真がたまたま奇跡的によく撮れた写真だったのかな…。
カテゴリ :映画・テレビ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫