ジョニーの部屋|

〇鏡市場でメガネを買いました…

 2018-01-26
20180126-10.jpg

 約2年ぶりに眼鏡を買い替えました。左上が今回購入したセルフレームのメガネ。右下は今まで約2年間使用してきた弐萬圓堂で購入したメタルフレームのメガネです。
 私はかなりの近眼なのでお風呂にもメガネをかけて入ります。そのため熱でレンズ表面のコーティングは1年半くらいしかもちません。今まで使用してきたメガネも端の方からコーティングがはがれ始めてしまったことと、若干度数が合わなくなったこともあって買い替えることにしたのです。

20180126-05.jpg

 …で、今回購入したお店は今までの弐萬圓堂ではなく〇鏡市場です。

 理由は安かったからです。

 弐萬圓堂も数年前までは本当に一式2万円+消費税で購入できたのですが、超薄型の遠近両用レンズの組合せの場合、フレームによっては3万円くらいになってしまうのです。現実に約2年間使用してきたメガネも約3万円しました。

20180126-08.jpg

 〇鏡市場は5~6年前に一度買ってみたことがあったのですが、その時は何かの理由があっていまいち「あわなくて」、弐萬圓堂ですぐに買いなおした経過があったのですが、その理由をすっかり忘れてしまっていました。
 そのため、ちょっとでも安く買いたいと思ったことと、妻や子供たちが最近「〇鏡市場」でメガネを作っていたので、私もなんとなく〇鏡市場でメガネを買うことにしたのです…。

 購入したメガネは今までの天地が狭いフレームとは違って、天地に幅の大きいフレームを選びました。遠近両用のレンズを入れるには上下に幅が広い方がいいと思った上での選定です。
 いろいろ試着してみて眉毛の位置とも兼ね合いの良さそうなセルフレーム(16,200円)にしたのですが、ハードコートなどのコーティングを付けたら結局2万円弱になってしまいました。

20180126-06.jpg

 セルフレームのメガネは約20年ぶりです。10代の終わりから30歳くらいまではずっとセルフレームにガラスレンズの組合せでメガネをかけてきましたが、30過ぎてからはメタルフレームにプラスチックレンズの組合せでメガネを作るようになりました。
 今回、セルフレームにした理由の一つに、鼻あてのパーツが別パーツになっているセルフレームがあったことが理由です。鼻あてが独立していないセルフレームはフレームがずり下がりやすいので敬遠していました。

20180126-07.jpg

 …で、映画を観終えた後にできあがった新しいメガネを受けとりに行ってきました。さっそくメガネをかけてみると…

 あ~、5~6年前にどうしてすぐに弐萬圓堂でメガネを作り直したのかを思い出しました。

 〇鏡市場のレンズは弐萬圓堂のレンズに比べて性能が私的にはイマイチだったのです。遠くを見るときにピントが合う部分がレンズの正面中央に限定されていて、視線だけを左右に動かした場合、レンズの端の方ではピントがぼやけるのです。これではせっかくレンズをおおきく使えるサイズのフレームにした理由がありません。
 一方、弐萬圓堂のレンズはHOYA製のちょっと高いレンズを使っていて(だからプラス1万円で3万円になったのですが…)、視線を左右に動かしてもピントがぼやけないんですよね~。しかも、老眼用の部分に視線を動かした際のピントの合い具合も自然で目が疲れません。

 目が悪くない人にとっては正面だけ見えれば問題ないんじゃないかと思われるかもしれませんが、わかりやすく言うと正面を見てクルマを運転しているときに、センターコンソールのナビを確認したいと思った時、視線移動だけではナビの画面が良く見えないのです。正面しかピントが合わない(=視野が狭い)ので、ナビの画面情報を読み取るためにはナビの方に頭を向けないといけません。そうすると肝心の運転方向を向いていないということです。いままでちょっとの視線移動だけでナビを確認できたのに、新しい眼鏡ではそれができない…というのはクルマを運転するだけでも致命傷ですね。

 多分、私が遠近両用タイプのレンズの超薄型で普通の人よりもかなり目が悪いから発生している事象なので、すべての〇鏡市場のレンズに当てはまるわけではないと思います。実際に私以外の家族で妻と子供二人は〇鏡市場でメガネを作ってかけていますが何の問題もないそうです。

 ただ私にとってはメガネを作るなら〇鏡市場よりも弐萬圓堂の方があっていたんだなぁ~ということです、新しい眼鏡…しばらく使用してみてどうにも我慢できなければ、弐萬圓堂に行ってレンズだけ交換してもらおうと思いますw
スポンサーサイト
カテゴリ :日記 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

映画「嘘を愛する女」を観てまいりました!

 2018-01-26
20180126-01.jpg

 私の勤め先でも昨年から「プレミアムフライデーをとりましょう!」と言われているので、勝手に「スーパープレミアムフライデー」と称して丸一日休みましたw

 ただ家族には会社をサボることは内緒にしていたので、朝、スーツを着て普通に自宅を出て、ちょっとぶらぶらしてからイオンシネマ福島へ。

20180126-02.jpg

 プレミアムフライデーですから消費拡大のためにお金を使うことにして、映画を観ることにしました。

 特に観たい映画はなかったので、現在公開中の映画で観てもいいかなぁ~と思えたものにしました。選んだ映画は長澤まさみと高橋一生主演の「嘘を愛する女」です。

20180126-03.jpg

 長澤まさみは「世界の中心で愛を叫ぶ」からいいなぁ~と思っていましたし、高橋一生は観月ありさ主演のテレビドラマ「夜の先生」で初めて見たときから「なんかいい俳優さんだな~」とは思っていましたがここ最近の超ブレイクぶり…そんな二人が主演ですから、まあ無難な映画だろうと思っていたのですが、とても無難に面白い映画でした♪

20180126-04.jpg

 面白かったのですが、一か所だけ気になったのは灯台の下に隠してあった品物はいつ隠したのか…その灯台付近が子供の頃の生活の拠点だったのか…だったらその近辺にその子のことを知っている人がいてもおかしくなかったのでは…というところだけがひっかかりました。まあ、子供の頃に住んでいただけなので大人になってからの写真を見せても、近辺のひとたちにはわからなかったということなのでしょうけど…。粗探しレベルですがちょっと気になりました。

 それからどうでもいいことですが元AKB48の川栄李奈さん…最近いろいろなドラマなどにもでていますが元アイドルとは思えない役柄を演じられることが多く凄いなぁと思いました。「下北沢ダイハード」ではキャバ嬢、「僕たちがやりました」でも訳あり女子高生、そして本作ではストーカーまがいのウェイトレス…とauのCMでのお姫様とは正反対の役(汚れ役っぽいもの)をできるというのはアイドルアイドルしてなくていいなと思いました。ただそれだけですが…w

 とにかく現在公開中の邦画の中では私的には当たりでした♪
カテゴリ :映画・テレビ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

「SWISS+TECH ユーティリティーキーツール 6機能」のパクリ品を購入してみました!

 2018-01-24
20180124-04.jpg

 amazonで職場の机に設置できそうなドリンクホルダーを物色していた際に面白いものを見かけたのでポチッてみました。

 「SWISS+TECH ユーティリティーキーツール 6機能 」なる十徳ナイフのようなアイテムです。中国からの発送で小さな箱に入って届きました。

20180124-02.jpg

 amazonの関連商品の中にはきちんとした缶ケースに入っていて値段も1,500円くらいのものが売られていたので、その商品のコピー商品だと思われます。お値段は中国からの送料込みで119円ですw

20180124-03.jpg

 「6機能」と商品名にあったのですが「プラスドライバー」「マイナスドライバー」「栓抜き」「ナイフ」「ノコギリ(ロープカッター)」はわかりましたが、「めがね用マイナスドライバー」というのがどこの部分なのかわかりませんでした。

20180124-05.jpg

 ナイフ部分を使ってみましたが思いっきり「なまくら」です。衣類についている値札固定のビニールを切断するのにもかなりの力が必要でしたw

 まあ、こういうのは「何かあったら使うかもしれない」という感じの「男の秘密道具」的アイテムとしてキーホルダーに付けておくだけで満足してしまいます♪

20180124-01.jpg
カテゴリ :日記 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫